自己啓発

138.営業は「洗脳」 一瞬でお客様を支配する禁断の営業術 苫米地英人

それは、実際の〝営業〟活動をせずに営業活動をするのと同等もしくはそれ以上の効果を生み出すことに成功していたからなのです。具体的には、情報空間(バーチャルな空間、思考空間)も含めた意味での他者との空間、臨場感空間において、私がその空間を実質…

137.瞑想入門 マインドフルネスに生きるための7つの秘訣 柳田知恵

瞑想とは、目をつぶり意識を内側に向けることによって、疲れた心をリセットする心のシャワーです。 「心も体も脳も、何もしない状態」を作ることで、人生が劇的に好転していきます 瞑想の心への効果は、「思いやりの増大」「道徳性の向上」「自信(自己重要…

136.沢庵 不動智神妙録 池田諭 訳

とらわれる心が迷い→無明住地煩悩 敵の心を意識的に知ろうとすれば、かえって敵に心を見透かされる。 とらわれた心は動けない 千住観音の不動智

135.負けない奥義 柳生新陰流宗家が教える最強の心身術 柳生 耕一平厳信

凌駕すべきは、他人ではなく他ならぬ自分自身。相手との争いに勝利するためではなく、自身の心と向き合い、昨日の自分に勝てるように日々向上を目指して努力する大切さを説いているのです。 石舟斎は同じく家憲で「これを仰げば弥々高 どんなに努力をしても…

134.バガボンド 井上雄彦

仏教の勉強にもなる漫画なんだな。 11. お前の殺気が出会うものすべてを敵にする。 天下無双などと考えれば考えるほど見よう見ようと目を凝らすほど答えは見えなくなる。見つめても見えないなら目を閉じよ。 13. 不覚。この俺が心に戦いの用意もなく望んでし…

133.ボディブレイン 下柳剛

能力の向上は得た知識と比例するという。 観察能力に優れ、日常の些細なことから、普通の人なら見逃すような兆しまで読み込める人は、情報量を普通の人より飛躍的に多く獲得できる。 例えるなら名探偵のシャーロック・ホームズのように。 セルフイメージの拡…

132.脳に効く「4時間!」短眠法 なぜ成功者ほど睡眠を短くできるのか 松本幸夫

そういう講師の目から見ても、「デキる」と呼べる人には、ゴロゴロと惰眠をむさぼっている人など一人もいないと断言していい。 デキるビジネスパーソンは、例外なくショートスリーパーである。 もちろん学者や芸術家の場合は、例外もあるだろう。たとえば天…

131.15歳若返る脳の磨きかた 苫米地英人

しかし、見方を変えれば、新薬の開発費用を負担させるために、当局と製薬メーカーが抗がん剤治療に患者を誘導するというグロテスクな「絵」さえ見えてきます。 こうした「絵」は、いまやいたるところに見ることができます たとえば、ヨーロッパでは禁止され…

130.できる人は超短眠 堀大輔

この調査報告が教えてくれるのは、夏と冬で睡眠時間が倍以上違っても、睡眠時間という概念を持っていなければ睡眠不足にならないということです メアリー=カスケイドンは、陽の光が入らず、時計もない部屋で被験者を生活させる実験をしました。 2つのグル…

129.潜在能力を最高レベルに引き出す「変性意識入門・催眠編」 苫米地英人

催眠術は術者の腕もありますが、同時に被催眠者側の準備も重要なのです。 なぜなら、催眠とは自分で自分にかけるものだからです。言葉を変えればすべての催眠は自己催眠なのです 人間は自分の身体を守るために能力を解放しきらないようにリミッターを設けて…

126.ツキを引き寄せる洗脳術 苫米地英人

成功する人は、成功するきっかけが見えています。 ツキがあったから、成功したのではなく、皆さんがツキだと思い込んでいるものが「見えている」から成功したのです この世に、ツキは存在しません。 ツキを信じている人は、何も知らない人です。 皆さんがツ…

125.苫米地英人の金持ち脳 捨てることから幸せは始まる

住宅ローンでのマイホームはやっぱり買うべきじゃないよね。この方の話は本当に勉強になる。 GDPが日本の20分の1である国の95%の人が幸福であると思っているのはお金でなく、人間関係の平和と交流を重視しているからである。 日本はお金持ち=幸福という…

124.英語は右脳で学べ 苫米地英人

こうやって比較してみると、いかに異常な学習をしていたかがわかるはずです。ネイティブの子供が、「リスニング」や「スピーキング」から学習するのに対して、日本人はひたすら「リーディング」「ライティング」から学び始めます。 そこで私は2008年に『…

122.Dr.苫米地式資産運用法なら誰も絶対にRICHになれる! 苫米地英人

つまり、仕事とはあなたが社会に参加していることの証です。それ以上でもそれ以下でもありません。人間として当然のことをしているだけです。しかも、自分の機能を提供していれば、たとえニートであってもOKなのです。ブログを立ち上げて、誰かの相談に乗…

121.思うままに夢が叶う 超瞑想法 苫米地英人

最近の研究では、癌患者の脳の傷と身体にできる癌細胞の間にも相関関係があるという説が発表されています。つまり、患者が精神的なショックを受けた(情報空間のバグ)結果、脳神経に傷ができ、その脳の部位と関係のある身体部位に、癌が発生するということ…

120.圧倒的な価値を創る技術 ゲシュタルトメーカー 苫米地英人

はっきり言って、現在の日本にある企業の求人は、ほとんどが奴隷の募集です 余計なことを考えず、言われた通りに仕事をこなし、酷使しても簡単には故障しない頑丈さを持ち、いよいよ壊れてしまったら使い捨てにしても文句を言わない。それが日本の労働市場で…

119.脳は休ませると10倍速になる 苫米地英人

健康維持のために睡眠が最初から存在していたような錯覚を覚えますが、事実は逆です。 睡眠をヒトが手に入れて、それが精神や体の維持に関わるようになったことで、結果的に睡眠はヒトに必要不可欠になったのです。 自我が生まれたのは、睡眠時における長期…

115.非常識な成功法則 神田昌典

私たちは、繰り返される言葉、自分で発する言葉、そして他人が同調する言葉にで現実が構築される。つまり、周りの環境、どんな人を自分の周りに置くか、で自分の現実が変わってしまう。 「他人に自分の現実をコントロールされるか」 「自分で自分の現実をコ…

114.レバレッジ・シンキング 本田直之

ゴールを定め、「しないこと」を見つけよ。 →サイト作成数のゴールを設定。 「ゴール」を明確に描く最大のメリットは、選択力が身につくこと。 余計なことをしなくなり、時間、労力、お金のムダがなくなる。 人生を通して自分が何をしたいかでしょうね。それ…

110.海賊とよばれた男 百田尚樹

出光佐三 3. 僕は中間搾取のない商いができないかと思っております。→自分の仕事にも通ずる。→委託代理店業、直契約広告 出光藤六:「男なら商売人として独立すべきである」 と諭し、佐三も実業家を目指す考えに傾いていった。 石炭全盛の時代に石油を生業と…

39.年収1億円思考 江上治

親に感謝の気持ちも伝えられない、近所の人に挨拶の一つもできない若者というのは、伝統的な価値観から大きく外れているのである。 伝統的価値観を押さない時に母親や父親にほどこしてもらった人は、世の中の自然の流れに沿って。「稼ぐ人」となっている。 …

38.モノを捨てよ世界へ出よう 高城剛

時代や事象を自分の目で確かめて、正しく理解できてるものと、既得権益者側の人間の意志が組み込まれたマスメディアや、表層しか捉えていないインターネット情報で理解した気になったものとの間に、埋めようのない格差が生まれている。 決断することこそが、…

35.仕事、人生が変わるすごい本370冊 日経ビジネスアソシエ

・読みたくなった本 昭和史 失敗の本質 戸部良一 こころ 孫氏 ノルウェイの森 罪と罰 子供の話にどんな返事をしてますか 叱らないしつけ 素直な心になるために 松下幸之助 アップルとシリコンバレーで学んだ賢者の起業術 ガイ・カワサキ★ インバウンドマーケ…

32.やりたいことは全部やれ 大前研一

・やりたいことは先延ばししない 未来にもそれをやりたいとは限らない。今やりたい遊びを楽しむことにより、将来も新しい遊びをたのしむことができるようになる。 →親孝行したい時には親はいない。 ・物事に挑戦しないと成功しない。ゴルフのパターと同じで…

31.私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。 高城剛

移動距離と真実を見る目は比例する。移動距離と誠実さも比例する。 アイデアと移動距離は比例する。 失うことは得ることへの第一歩。 情報ダイエット、資産ダイエットするとより動きやすくなる。 自身の体力が余ってる間はもっと移動を続け、SNSはもう少し歳…

29.仕事の哲学 ドラッカー

何によって人に憶えられたいか、こたえられないと問題。自分に刺激を与えるためにも変化が必要。日常化した毎日が心地よくなったときこそ、違ったことを行うよう自らを駆り立てる必要がある。変化を探し、変化に対応し、変化を機会として利用する。これが起…

28.チーズはどこに消えた スペンサー・ジョンソン

あまりに有名だが読んだことがなかった。 物事を簡潔に捉え、柔軟な態度で素早く動くこと。問題を複雑にしすぎないこと。恐ろしいことばかり考えて我を失ってはいけない。 小さな変化に気づくこと。 変化に早く適応すること。 変化は起きる。チーズはつねに…

27.最強の読書術 遠越段

文章を上達させる最大の手段は優れた本をたくさん読み、素晴らしいと思われる部分を抜き書きすること。西郷隆盛、勝海舟、福沢諭吉もひたすら本を書き写して実力をつけた。ひとの蔵書と文章を見れば、どういう人かわかる。ひと月100冊読み、300枚書く私の方法…

26.夫婦という病 岡田尊司

夫婦というものを客観的視点から考えることができる。みんなそれぞれいろんな悩みを抱えている。それを知ることで視野が広がり、自分の人生に生かせる。 安定した家庭、不安定な家庭。 回避型=内面をさらけ出さない、ギリギリまで我慢して爆発するとひどい…

25.頭に来てもアホとは戦うな 田村耕一郎

アメリカのamazonレビューはほとんど実名。匿名は相手にされない。 アメリカは議論を教育される。 日本人は自信がない、議論できない。 →実名ブランド高めたい SNSは暇人のツール。 自分や会社のマーケティングに使うのはアリ 自分よりデキる人間に囲まれた…