読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

110.海賊とよばれた男 百田尚樹

歴史 自己啓発 経済

出光佐三

3.

僕は中間搾取のない商いができないかと思っております。
→自分の仕事にも通ずる。
→委託代理店業、直契約広告

 

出光藤六:「男なら商売人として独立すべきである」

と諭し、佐三も実業家を目指す考えに傾いていった。

 

石炭全盛の時代に石油を生業として選んだ。

 

8.

皆が恐れているから行くのだ、リスクのない商売はない!

 

10.

50年は長い年月であるが、僕は自分の50年を1言で言い表せる。人間尊重の信念を貫き通した50年 と
この人間尊重の精神は、これからの時代にこそより強く求めていかねばならない。

 

時代のうねりはこれからも決して優しくはないだろう。
それでも勇気を持って船を出せ。
次の海賊とよばれる男たちよ。