社会

72.カバチタレ 1-20巻

1巻法律屋はお上公認のヤクザ世間は弱者が法に縛られ、強者が法を武器に弱者を狩るそんな現実がある比例原則違反赤サギ=結婚詐欺師供託民事不介入2巻建設業法の閲覧制度不真正連帯債務葬儀屋から医者へのバックマージン相場10-15%3巻競売物件占有屋国有地払…

65.プレジデント 金持ち父さんのマナー入門

日本では英語、IT、金融の教育が遅れている。富裕層は子や孫を海外へ行かせる。橋本徹、ドナルドトランプ肯定。稼いだ金はドルに変える。使いたい時だけ円に変える。ファーストハワイアンバンクなどに預ける。

63.エンゼルバンク 1-3巻 三田紀房

2巻 会社の利益とは、信用。 まず信用をえる。売り上げや儲けは二の次。これ商売の鉄則。 目の前の小さな利益を追い求めているときは利益を最大化できない。じっくり耐えて信用をえることがビジネスのコツ。 3巻 時間と労力を最も効率よく現金化する。これが…

62.桃源郷の人々 1-2巻 青木雄二

民事再生法サンシモン空想的社会主義フーリエオーエン科学的社会主義マルクスエンゲルス整理屋労働の後の酒は最高や。

54.お金の流れで読む日本の歴史 大村大次郎

富裕層には大きな優遇政策を強いている。 所得が1億円の人の場合の所得税、 1980年75% 1986年70% 1987年60% 1989年50% 現在40% 住民税率 ピーク時18% 現在10% これにより所得税26.7兆円→2015年には16.4兆円に。 グローバルウェルスレポートによると、日本の…

52.学者は平気でウソをつく 和田秀樹

世界的な権威のある雑誌でも改竄はある。審査は難しいので学者の良心を信じるしかない。ディオバン事件画期的な研究でものちに8割は否定される。森鷗外、脚気の治療法間違えて大量の死者。→医学なんて所詮は仮説なんだから仕方ない。ロボトミー手術、ロボト…

48.一流の人はなぜ姿勢が美しいのか 小笠原清忠

礼法を集約すると、正しい姿勢の自覚筋肉の動きに反しない物の機能を大切にする環境や相手に対する自分の位置、間柄や間を常に考える伊達政宗 この世に客で来たと思え人間は楽をするのが大好きな一方で、ひとたび志を持てば目標に向かってたゆまず努力できる…

42.貧困女子のリアル 沢木文

給料日前、彼の財布から2千円抜き取るクレカの返済が月20万円女子会の出費が月8万円常に誰かの役に立ちたいと思う人に限って貧困状態になることが多い。人生が自分のためでなく誰か他の人のためになってしまい、自分の人生の優先順位がわからなくなってしま…