読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

110.海賊とよばれた男 百田尚樹

出光佐三 3. 僕は中間搾取のない商いができないかと思っております。→自分の仕事にも通ずる。→委託代理店業、直契約広告 出光藤六:「男なら商売人として独立すべきである」 と諭し、佐三も実業家を目指す考えに傾いていった。 石炭全盛の時代に石油を生業と…

77.昭和史 戦後編 1945-1989 半藤一利

誤訳による意思疎通の不備により戦争に突入したり、憲法改正に向かったり。修身、地理、歴史教育が全廃された。スターリンの死で株価暴落。戦争終結予想のため。戦争が景気を左右する、戦争は貴重な金儲けの種。満州事変で新聞社は大儲けした。→現在のpv稼ぎ…

69.アルキメデスの大戦 2巻 三田紀房

国家防衛とは1つの巨大産業。なぜ鶴瓶。方程式完成。→何事もやりきることが肝。

57.君はどこにでも行ける 堀江貴文

オリンパス事件数年で風化してしまった。ウィンブルドン現象を恐れるな。日本は豊富な資本の蓄積があり、危機感を感じにくい。日本は観光に行くには魅力的だが住みたいとは思われない。中国に近い日本は地政学的に有利。日本人の若い女の子がアジア人に持っ…

54.お金の流れで読む日本の歴史 大村大次郎

富裕層には大きな優遇政策を強いている。 所得が1億円の人の場合の所得税、 1980年75% 1986年70% 1987年60% 1989年50% 現在40% 住民税率 ピーク時18% 現在10% これにより所得税26.7兆円→2015年には16.4兆円に。 グローバルウェルスレポートによると、日本の…

45.昭和史 1926-1945 半藤一利

・山本五十六 対米戦宿命論、予防戦術論に基づき、真珠湾奇襲 日本の情報は筒抜けだった。 →サンクコストへの固執、各人の感情的な行動が戦争へ向かわせたんだと思う。 ・国民的熱狂を作ってはいけない。 ・マスコミに煽られた国民。 日本をリードしてきた人…

17.学問のすすめ 福沢諭吉

愚かな民の上には厳しい政治がある。法律の厳しさは国民の徳がないと増す。人は平等の人権を持っていることを忘れてはならない。進歩しないものは必ず退歩する。退歩しないものは必ず進歩する。日本人の気概は日に日に退歩してる。独立の気概を持つ税金は気…

12.江戸商人の経営戦略 鈴木浩三

江戸時代の経営行動は、外見は異なっても現代に通ずるものは多く、学べることもある。超流し読み終了

7.マンガでわかる日本史 河合敦

歴史についてもっと学んでいきたい。 歴史は繰り返す。今に通ずる学びが多い。 昔も今も争いは絶えない。人間は争う生き物のようだ。 坂本竜馬、渋沢栄一、福澤諭吉、夏目漱石などもっと知りたい。 リーマンショックにたんを発する不況について、全く実感が…

4.日本は本当に戦争する国になるのか 池上彰

安保の歴史について学べる 世界ではリアルタイムでこれだけの争いがあることを知る 世界の歴史を知ることにより現状が理解しやすくなる